Contact us

お電話でのお問い合わせはこちら

0782005686

平日 9:00〜18:00

e-mailメールでのお問い合わせ

行政書士 李法務事務所

地図

JR三ノ宮駅、阪急神戸三宮駅
阪神神戸三宮駅より南へ徒歩9分

神戸新交通ポートライナー
貿易センター駅より東へ徒歩1分

〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4丁目1-23
三宮ベンチャービル 3階

マップピン詳しい地図を見る

在日韓国人と日本人の方が国際結婚された場合の名字(苗字)について

2018年2月26日

先日、在日韓国人の方より「通称名で婚姻届の提出はできますか?」といったご質問を頂きました。

 

婚姻届には「通称名」ではなく、外国人の方本人の「氏名」を記載する必要がございます。

(外国人の方の「本籍」欄には、「国籍」を記載します。)

 

例えば、在日韓国人の男性と日本人の女性が国際結婚された場合、女性の方の名字(氏)はどうなるのでしょうか?

 

日本人の方が外国人の方と結婚(婚姻)した場合、婚姻をきっかけに日本人の方の名字(氏)が変わることはありません。

 

ですので、在日韓国人の男性と結婚(婚姻)をされても、日本人の女性の名字(氏)は婚姻前のままとなります。

 

仮に日本人の女性が、在日韓国人の男性の名字(例えば「金」様)に変更されたい場合は、婚姻後6ヶ月以内であれば「外個人との婚姻による氏の変更届」を本籍地又は住所地の市区町村役場へ提出し、届出が受理されることで、家庭裁判所の許可を得ることなく名字(氏)を「金」様に変更することができます。

(婚姻届と同時に届出することも可能です。)

 

また、日本人の女性が在日韓国人の男性の通称名の名字(例えば「金本」様)に変更されたい場合は、住所地の家庭裁判所に「氏の変更許可の申立て」を行うことになります。

家庭裁判所の許可の審判が確定した後、本籍地又は住所地の市区町村役場にて氏の変更の届出を行います。

 

在日韓国人の方の結婚(婚姻)時必要となる書類については、こちらをご覧下さい。

お役に立てれば幸いです。

 

 

 

> ブログ一覧ページへ

お気軽にお問い合わせください
平日 9:00〜18:00

TEL 078-200-5686

メールでのお問い合わせはこちら

韓国証明書・除籍謄本(韓国戸籍)の取寄せと翻訳など在日韓国人の方のパスポート取得をはじめとする家族関係登録簿の整理・許可申請を承っております。

行政書士 入国管理局申請取次者 李昌純 Lee Changsun
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4丁目1-23 三宮ベンチャービル 3階
TEL 078-200-5686 / FAX 078-200-5687