Contact us

お電話でのお問い合わせはこちら

0782005686

平日 9:00〜18:00

e-mailメールでのお問い合わせ

行政書士 李法務事務所

地図

JR三ノ宮駅、阪急神戸三宮駅
阪神神戸三宮駅より南へ徒歩9分

神戸新交通ポートライナー
貿易センター駅より東へ徒歩1分

〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4丁目1-23
三宮ベンチャービル 3階

マップピン詳しい地図を見る

帰化申請韓国籍・朝鮮籍 → 日本籍

兵庫県・大阪府にお住まいの在日韓国人・在日朝鮮人の方々へ
神戸の行政書士 李法務事務所が日本国籍への帰化申請をサポートいたします。

就職やご結婚等、帰化を申請されようとするきっかけは人それぞれだと思います。いざ帰化申請を決意されても「具体的に何をすればいいのか?」、「仕事が忙しく時間を作ることが難しいが、無事申請できるだろうか?」、「帰化が許可されて、日本人になれるだろうか(日本国籍を取得できるだろうか)?」…不安を感じられることが沢山あるのではないでしょうか?

在日韓国人3世の行政書士として、ご依頼者様のお気持ちに寄り添いながら「帰化申請」から、帰化許可後の「韓国国籍喪失申告」まで、誠実、丁寧に、責任を持ってご対応させて頂きます。

初回ご連絡頂けました際に、まずは帰化申請に必要な条件を満たしているか(帰化が許可されるか)ご確認致します。これまで弊所へご依頼頂きました全ての方が、日本国籍を取得されています。条件確認後、現状では申請に進むことが難しいと弊所にて判断した場合は、今後の申請に向けて準備すべきことをご提案させて頂きます。

弊所へご依頼を下さった方より、「誰かにお願いしたかったけど、どこに相談すればいいのか分からなかった」、「もっと早くから相談していればよかった」といった内容のお話をお伺いすることが何度かございました。帰化申請に対する不安を抱えた方々へ、少しでも必要な情報をお届け出来れば幸いです。

行政書士:李 昌純

行政書士:李 昌純

Lee Changsun

兵庫県行政書士会
登録番号 第12300066号

神戸の行政書士 李法務事務所では、帰化申請に必要な翻訳料金や各種証明書収集費用を全て含めた料金設定にしております。登録基準地(本籍地)情報不明や韓国へ戸籍請求が必要な場合の追加費用、ご依頼者様の年齢・同居されているご家族の人数による費用加算は行いませんのでご安心ください。

※誠に申し訳ございませんが、帰化申請業務は兵庫県・大阪府にお住まいの方限定のご対応とさせて頂きます。

神戸の行政書士 李法務事務所の帰化申請代行はここが違います

帰化申請から、帰化許可後の韓国国籍喪失申告まで
誠実・丁寧に・責任を持って対応いたします。

1

帰化申請には、申請される方や申請される方のご両親の
韓国戸籍(除籍謄本や家族関係証明書等登録事項別証明書)が必要です。

  • 李法務事務所にて帰化申請に必要となる全ての韓国戸籍
    (除籍謄本や家族関係証明書等登録事項別証明書)の収集を行います。
  • 李法務事務所では韓国国内にある役所へ韓国戸籍を直接請求することも可能です。

ご家族やご自身の韓国戸籍を「これまで見たことがない」、「戸籍があるかどうかも分からない」方でも、弊所にて追加費用を頂くことなくお調べ致しますのでご安心ください。
ご依頼者様ご自身が韓国領事館へ出向いて頂く必要はございません。
また、日本国内にある韓国領事館では戸籍を発給してもらえず、韓国国内にある役所へ直接戸籍の請求を行う必要がある場合でも、弊所では追加費用を御請求致しません。

2

帰化申請には韓国戸籍の翻訳(韓国語で作成されている除籍謄本や
家族関係証明書等登録事項別証明書の日本語への翻訳書面)が必要です。

  • 全て李法務事務所内で韓国戸籍の翻訳を行います。

ご依頼者様の大切な個人情報である韓国戸籍の翻訳も外部に委託せず、事務所内で責任を持って行いますので、個人情報が流出する心配はございません。

3

帰化申請に必要となる韓国戸籍の翻訳書面枚数は、
申請される方によって異なります。

  • ご依頼者様に安心して頂けますよう、翻訳料金を含めた料金設定にしております。

「最終的に翻訳料金は総額いくらになるの?」
翻訳が必要となる韓国語で記載された書面(韓国戸籍)について、多い方ですと90枚近くになるケースもございます。李法務事務所では、翻訳枚数による追加費用や、ご依頼者様の年齢による費用加算は行いません。
初回御見積の段階で必要となる費用の総額をご提示させて頂きます。

4

弊所では全国からの韓国戸籍整理(家族関係登録簿整理)申請業務も
多数実績があります。

韓国戸籍の記載内容に間違いがある場合、弊所では記載内容を訂正する手続きを行うことも可能です。
ご依頼者様ご自身が韓国領事館へ出向いて頂く必要はございません。
(戸籍訂正手続に関する費用は別途必要です)

5

帰化が許可された場合であっても、
自動的に韓国の戸籍には帰化の情報は反映されません。

  • 李法務事務所では韓国国籍喪失申告手続きまでサポート可能です。

帰化が許可された場合、韓国の国籍は自動的に失いますが、その事実は韓国の戸籍(家族関係登録簿)へは自動的に反映されません。
国籍喪失申告を行うことで、韓国の戸籍(家族関係登録簿)に国籍を喪失した内容が記載されます。

6

最短1ヶ月で帰化申請が可能です。

  • ご依頼者様でなければご用意が出来ない書類(パスポート等)以外、
    申請に必要となる書類は全て弊所がご準備致します。

お電話や郵送でのやりとりだけでも申請書類のご準備は可能ですので、お時間を作ることが難しい方もご安心してお任せ下さい。
ご依頼者様の不安の軽減に努めるため、帰化申請時は必ず法務局へ同行させて頂きます。

※誠に申し訳ございませんが、帰化申請業務は兵庫県・大阪府にお住まいの方限定のご対応とさせて頂きます。

帰化申請に必要となる書類の準備

帰化申請に必要となる書類のご準備は全て行政書士 李法務事務所が責任を持って行います。

李法務事務所が行うこと

  • 法務局との事前相談
  • 必要書類の収集
    • 日本の官公署発行各種証明書
    • 韓国戸籍(除籍謄本及び家族関係証明書等登録事項別証明書)
  • 韓国戸籍の日本語への翻訳
  • 申請書作成
  • 法務局での申請書類点検
  • 帰化申請受付時の法務局同行

ご依頼者様にご協力いただくこと

  • 委任状へのご記入・捺印(帰化申請に必要となる各種証明書収集用の委任状です)
  • 申請書作成のための事実確認
  • パスポート等の原本書類のご準備

帰化申請の流れ

帰化申請受付及び面談は、必ず申請されるご本人様が法務局まで出向いて頂く必要がございます。
代行での申請受付や面談は認められませんので、何卒ご了承頂けますようお願い申し上げます。

帰化申請の流れ

費用

帰化申請に必要な翻訳料金や各種証明書収集費用、登録基準地(本籍地)情報不明や
韓国へ戸籍請求が必要な場合の費用も全て含まれております。

ご依頼者様の年齢・同居されているご家族の人数による費用加算は行いませんのでご安心ください。

帰化申請までの費用
会社員の方185,000円
事業主の方
(申請者様が会社員の方で、同居者様に事業主の方がいる場合を含みます)
215,000円

※上記の費用には消費税は含まれておりません。

※法人・個人事業を問わず、2事業以上経営されている場合、2事業目以降1事業につき30,000円(消費税別)上記費用に加算させて頂きます。

※申請者様が特別永住者以外の場合は、30,000円(消費税別)上記費用に加算させて頂きます。

帰化申請から韓国国籍喪失申告までの費用
会社員の方210,000円
事業主の方
(申請者様が会社員の方で、同居者様に事業主の方がいる場合を含みます)
240,000円

※上記の費用には消費税は含まれておりません。

※法人・個人事業を問わず、2事業以上経営されている場合、2事業目以降1事業につき30,000円(消費税別)上記費用に加算させて頂きます。

※申請者様が特別永住者以外の場合は、30,000円(消費税別)上記費用に加算させて頂きます。

お支払方法

ご依頼者様のご都合により下記のお支払い方法からお選びいただけます。

・業務開始時(半額)と法務局での帰化申請受付時(半額)の2回
・法務局での帰化申請受付時に1回(全額)

※ご家族様が同時に申請される場合は、別途お見積り致します。お気軽にお問い合せ下さい。

※誠に申し訳ございませんが、帰化申請業務は兵庫県・大阪府にお住まいの方限定のご対応とさせて頂きます。

下記のボタンよりPDFで帰化申請に必要な各種証明書一例を確認して頂けます。
行政書士李法務事務所では帰化申請に必要な各種証明書収集費用(手数料)も全て上記の費用に含まれております。

帰化申請に必要な各種証明書一例を見る(PDF)

その他の取扱業務

行政書士 李法務事務所では下記の業務も承っております。
詳しくは、お電話またはメールでお問い合わせ下さいませ。

取扱業務

  • 家族関係証明書 取得・翻訳
  • 除籍謄本(旧韓国戸籍)取得・翻訳
  • 家族関係登録簿(旧韓国戸籍)整理
  • 外国人在留資格申請手続
  • 帰化許可申請
  • 遺言書作成
  • 相続手続
  • 会社設立手続
  • 記帳代行・経理事務支援
  • 各種許認可申請

お気軽にお問い合わせください
平日 9:00〜18:00

TEL 078-200-5686

メールでのお問い合わせはこちら

韓国証明書・除籍謄本(韓国戸籍)の取寄せと翻訳など在日韓国人の方のパスポート取得をはじめとする家族関係登録簿の整理・許可申請を承っております。

行政書士 入国管理局申請取次者 李昌純 Lee Changsun
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4丁目1-23 三宮ベンチャービル 3階
TEL 078-200-5686 / FAX 078-200-5687